女子大生が美脚を極めるために様々なダイエットを試すブログ

都内某女子大生。下半身デブを卒業し美脚ライフを送っています。太もも・お尻・下半身を細くするためのダイエット方法etcを紹介するブログ。

デスクワークで気をつけたい!下半身が太るNGな座り方

4月ですね。

新生活が始まった人も多いのではないでしょうか。

 

美脚女子大生の周りの人たちも、大学を卒業して就職をしたり、大学院や海外の大学に進学したりしており、ぐるぐると環境が変わっているのを実感しております。

 

まぁ色々な環境に身を置く人がいますが、私の周りではデスクワークの仕事に就いた人が多くいます。

 

今回は、そんなデスクワーカー達に気をつけてほしい下半身が太るNGな座り方を紹介します!

 

毎日の「座り方」が骨盤を歪めて下半身太りの原因に

f:id:cstib:20170402234531j:plain

間違った座り方を毎日続けると、骨盤に負荷が蓄積して歪みの原因になります。

 

骨盤が歪む血行が悪化し、代謝が落ちるため太りやすくなるのです。

詳しくは以前の記事に書いてあるのでこちらを参考にしてください。

very-slim.hatenablog.com

骨盤を歪める座り方!こんな座り方をしている人は注意!

f:id:cstib:20170402234740j:plain

(新入社員がこんな座り方していたらとても怒られます)

 

・背もたれに深く腰掛けている

背もたれに深く腰掛けると背骨が曲がった状態に。

背骨が曲がった状態をキープしていると、骨盤の歪みだけでなく猫背・ストレートネック・首のコリ・腰痛などの原因に。

 

・足を組んでいる

足を組むと片方の坐骨だけに負荷がかかります。

常に片方の坐骨に重心がかかると、骨盤や股関節の歪みに繋がります。

美脚をキープするために正しい座り方を覚えよう

骨盤を歪めないようにするには、正しい座り方で重心を骨盤の真ん中に持ってくることが大切です。

 

ポイントは4つ。

 

①膝の角度を90度に保つ

(膝下のラインが床と垂直になるように)

②お尻と腰も90度

(背中を立てるイメージ)

③お腹をまっすぐ伸ばす

(背中とお腹をくっつけるイメージ)

④頭をまっすぐにする

(頭を前に出さない。顎を引く)

 

以上の4つのポイントを意識すれば、骨盤の上に上半身がしっかりと乗っかっている感覚になっているはず。これが、姿勢のいい座り方です。

 

毎日やっている事だからこそ、意識して

美脚になるのも、ブス脚になるのも、毎日の積み重ねが影響してきます。

 

せっかく毎日筋トレしていても、座り方一つでブス脚への積み重ねをしていたら努力が台無しに。

 

新生活が始まる前に一度座り方を見直してみてください!