女子大生が美脚を極めるために様々なダイエットを試すブログ

都内某女子大生。下半身デブを卒業し美脚ライフを送っています。太もも・お尻・下半身を細くするためのダイエット方法etcを紹介するブログ。

『沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲-』の感想・書評

美脚とは全く関係ないんですけど、以前読んだ本が面白かったのでその本の前作を読みましたという記事です。

 

very-slim.hatenablog.com

 

前回読んだのは2作目の『沈黙のwebライティング -webマーケッターボーンの激闘-

一言で言うととっても勉強になるウケる本。サイトを運営する上で最低限持っておかないといけない知識をしっかりと学べる上、ストーリー形式面白い内容でスラスラ読めるとあってお気に入りの一冊なのです。

 

さて、今回読んだのは『沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲-』。2作目と比べてWebの世界を幅広く描いている印象です。

いくつか魅力を紹介していきます。

  

>沈黙のWebマーケティング ーWebマーケッター ボーンの逆襲ー ディレクターズ・エディション【電子書籍】[ 松尾 茂起(著) ]

価格:2,160円
(2017/3/1 00:24時点)


2作目同様ちょっとPCに詳しい人が笑うボケが炸裂

沈黙シリーズのシュールでマニアックなボケはファン(私)の心をがっちり掴みます。

1作目も完成度の高いボケが炸裂。

ボーンのPCが重すぎる

f:id:cstib:20170301003639j:plain

f:id:cstib:20170301003512j:plain

f:id:cstib:20170301003517j:plain

出典:夜明けのSEOペナルティ解除 | 沈黙のWebマーケティング

 

前作でもやってたんかい!!というお決まりのPCボケ

これは主人公・ボーンのノートPCがセキュリティ面を考慮して40kgもあるというくだり。

確かにそんなに重たければ盗まれる心配もなかろうが、しかし...と一言物申したくなるのだが、ボーンとそのパートナーの「謎の圧倒的説得力」で丸め込まれてしまう。

 

多分、今でもかめはめ波が出せると思っちゃってるような純粋で信じ込みやすい人は読まないほうがいいです。だって40kgなんて絶対不便だもの。

 

広告を私用に使うな

f:id:cstib:20170301005201j:plain

出典:夜明けのSEOペナルティ解除 | 沈黙のWebマーケティング

クライアントのお金でボーンに挑戦状を叩きつける敵。

この文章で広告通るんかい。

  

今ホットなWeb問題も理解できる

「グーグルのアップデートでキュレーションメディア的なサイトの検索順位が下がった」なんていう話をここ最近色々なところで目にしますが、そういったペナルティを受けやすいサイトがどんなものかというのも学ぶことができます。

 

例えば、サイトにガイドライン違反したリンクがたくさん貼り付けられていることもペナルティを受けやすくなる要因の一つ。

f:id:cstib:20170301010236j:plain

出典:夜明けのSEOペナルティ解除 | 沈黙のWebマーケティング

作中で、ボーンはリンクの否認ツールを使用してこの問題を解決。

実際のやり方も本に載っているので自分のサイトで試してみることもできる。

 

数年前に書かれた本なのに、今ホットな問題もわかるのはWebメディアの世界について幅広く取り上げているからですね。

論理的だけど、熱い情熱を掻き立てる良書

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲-』はウェブメディアの世界がどのように動いているのかをざっくりと理解するのにピッタリな本でした。

 

SWOT分析とか、論理的にメディアを育てる方法も語られているのですが最終的にはメディアに対する情熱が大切なんや!という熱いメッセージが伝わってきて感化されます。ストーリー仕立ての本だからできる強みですね。

昨今のウェブメディアは特にオリジナリティが評価される時代だと言われているので、この情熱はなくてはならないものだと思います。そう思うと、ブログなんてオリジナリティの塊だからずっと昔から変わらぬ形で続いてるのかもしれませんね。ライブドアブログが懐かしい。

 

ライティングの方に力を入れたい!という人には2作目がオススメ。

こっちもサクサク読めて面白いです。

>沈黙のWebライティング ーWebマーケッター ボーンの激闘ー【電子書籍】[ 松尾 茂起(著) ]

価格:1,944円
(2017/3/1 01:19時点)