女子大生が美脚を極めるために様々なダイエットを試すブログ

都内某女子大生。下半身デブを卒業し美脚ライフを送っています。太もも・お尻・下半身を細くするためのダイエット方法etcを紹介するブログ。

デスクワークで気をつけたい!下半身が太るNGな座り方

4月ですね。

新生活が始まった人も多いのではないでしょうか。

 

美脚女子大生の周りの人たちも、大学を卒業して就職をしたり、大学院や海外の大学に進学したりしており、ぐるぐると環境が変わっているのを実感しております。

 

まぁ色々な環境に身を置く人がいますが、私の周りではデスクワークの仕事に就いた人が多くいます。

 

今回は、そんなデスクワーカー達に気をつけてほしい下半身が太るNGな座り方を紹介します!

 

毎日の「座り方」が骨盤を歪めて下半身太りの原因に

f:id:cstib:20170402234531j:plain

間違った座り方を毎日続けると、骨盤に負荷が蓄積して歪みの原因になります。

 

骨盤が歪む血行が悪化し、代謝が落ちるため太りやすくなるのです。

詳しくは以前の記事に書いてあるのでこちらを参考にしてください。

very-slim.hatenablog.com

骨盤を歪める座り方!こんな座り方をしている人は注意!

f:id:cstib:20170402234740j:plain

(新入社員がこんな座り方していたらとても怒られます)

 

・背もたれに深く腰掛けている

背もたれに深く腰掛けると背骨が曲がった状態に。

背骨が曲がった状態をキープしていると、骨盤の歪みだけでなく猫背・ストレートネック・首のコリ・腰痛などの原因に。

 

・足を組んでいる

足を組むと片方の坐骨だけに負荷がかかります。

常に片方の坐骨に重心がかかると、骨盤や股関節の歪みに繋がります。

美脚をキープするために正しい座り方を覚えよう

骨盤を歪めないようにするには、正しい座り方で重心を骨盤の真ん中に持ってくることが大切です。

 

ポイントは4つ。

 

①膝の角度を90度に保つ

(膝下のラインが床と垂直になるように)

②お尻と腰も90度

(背中を立てるイメージ)

③お腹をまっすぐ伸ばす

(背中とお腹をくっつけるイメージ)

④頭をまっすぐにする

(頭を前に出さない。顎を引く)

 

以上の4つのポイントを意識すれば、骨盤の上に上半身がしっかりと乗っかっている感覚になっているはず。これが、姿勢のいい座り方です。

 

毎日やっている事だからこそ、意識して

美脚になるのも、ブス脚になるのも、毎日の積み重ねが影響してきます。

 

せっかく毎日筋トレしていても、座り方一つでブス脚への積み重ねをしていたら努力が台無しに。

 

新生活が始まる前に一度座り方を見直してみてください!

『新米IT担当者のための Webサイト しくみ・構築・運営がしっかりわかる本』の感想・書評

『新米IT担当者のための Webサイト しくみ・構築・運営がしっかりわかる本』(技術評論社,2011 )を読みました。

 

>新米IT担当者のためのWebサイトしくみ・構築・運営がしっかりわかる本 [ 池谷義紀 ]

価格:1,814円
(2017/3/26 21:13時点)

 

著者の池谷義紀さんは「ユーザビリティ」という言葉を広めた人として有名な方です。

 

Webサイトのしくみ・構築・運営が分かる入門書

f:id:cstib:20170326213858p:plain

 本のタイトル通りWebサイトのしくみ・構築・運営まで、流れごとに項目立てて書かれている本。右ページに説明文、左ページに図解が載っていてそのページ内で説明が完結しているので、非常にわかりやすい。

 

以前「ちょっとしたWebサイト運営してみたいな〜」と思って調べた時「作り方」とか「運営の仕方」とか、細かい項目ごとの情報しか見つからなくて全体の流れがよくわからなかったのですが、この本を読めば全体の流れを掴むことができます。

 

ただ、発行されたのが2011年なので「現在のインターネット社会」の説明が「これからどんどん発展するぞ!」という感じでちょっと時代を感じてしまいました。そういえば昔はみんなそんなこと言っていたなぁ。今や「インターネットは当たり前」の世界ですものね。

 

IT担当者はどんなことをしているの?

f:id:cstib:20170326215936j:plain

(この本の登場人物である架空企業の新米IT担当者。初登場時は異常にモチベーションが低い)

 

IT担当者がしている仕事は、主にサイトの新規構築・運営・検証、改善・広告出稿

時間系列でいうと以下の図のように進めていくと書かれています。

 

https://gyazo.com/cb988a65ffbbb9ab3de97ceb2033abb0

 

この中でも一番大変なのは新規構築

競合他社のWebサイトを調査したり、サイトのペルソナを描いたり、Webコンサルティング業者に依頼したり...という業務が必要になってきます。

 

Webサイトの形が完成し、公開する直前には、サイトマップがあるか、カタカナの全角半角が統一されているか...など、細かい部分のチェックをします。このチェック項目は一覧になっているテンプレートがあると重宝。ありがたいことに巻末付録に載っていたので自分がWebサイトを作る際には使おうと思いました。

 

新規構築が終わったら運営をしていきます。

常に情報が更新され、新しい情報がサイトの見やすい部分に来ることがユーザビリティないしはSEOの順位につながるそう。

 

運営と並行して、検証・改善をしていきます。

具体的には、Googleアナリティクスの導入の仕方が指南されています。

このGoogleアナリティクスでユーザーがどんなキーワードでサイトに訪れているか、どのようにサイト内を閲覧しているかを解析し、サイト改善に役立てていくのです。

 

実は、当ブログもGoogleアナリティクスを導入しているのですが、多くの人がこの記事からこのブログに入り、他の記事も閲覧してくださっているみたいです。

very-slim.hatenablog.com

となってくると私は...さっしーの脚ブロガーになった方が良いのでしょうか...

 

話は戻りますが、運営・検証・改善をしつつ、必要であればする必要があるのが広告出稿と書かれています。

 

具体的にはYahooやGoogleに広告を出す方法が記載されています。

検索結果によって表示される検索連動型広告は、短期間で集客効果が出ることもあるそう。

 

f:id:cstib:20170328111125p:plain

↑コレ。よく見ますね。

 

ちなみに、検索連動型広告はワンクリックで単価が発生してしまうので、応援しているサイトは「広告」と書かれていないリンクから入ってあげると良いです。

 

IT担当者に必須のスキルはコミュ能力!!?

Webサイトに興味がある人なんてほとんど口下手な人じゃないの!!?(偏見です)

コミュニケーション能力なんて生まれ持った才能に依るところが大きいよー!とショックを受けたのですが、ここでいうコミュニケーション能力は「誰とでも打ち解ける能力」ではなく、「伝える力」のこと。図や文章を使って相手に伝えやすく情報を伝えることを指しています。

 

Webサイトは限られたスペース内で分かりやすく情報を伝えることが重要。

このコミュニケーション能力はWebサイトの運営・検証、改善を繰り返す中で培う能力だと書かれています。

 

始めてWebサイトを立ち上げる人の味方となる一冊

Webサイトの基礎知識から、そのしくみ・構築・運営の方法までが網羅的に紹介されているのでこれからWebサイトを立ち上げてみようと考えている人は一読しておくと安心の一冊です。

 

巻末付録に付いている「Webサイト公開前のチェック項目リスト」は普通に現場で役に立ちそうな情報量。(実際に筆者の会社で使っているらしい)

 

私もダイエットサイト立ち上げようかなぁ。

以上、『新米IT担当者のための Webサイト しくみ・構築・運営がしっかりわかる本』の感想・書評でした。